京都下鴨病院で整形外科の理学療法士をしている小野志操のブログです。
肩関節・肘関節・手関節・股関節・膝関節・足関節・腰背部の術後療法や保存療法、スポーツ障害に対するリハビリテーションを行なっています。
すべては患者さんの笑顔のために」 All for a smile of patient... by OH!NO!DX

加谷光規先生の診察見学 @ 羊ヶ丘病院 11th, Mar., 2019

加谷先生(左)、堀内先生(右)

一緒に見学へ行った團野先生(右)と服部先生(左)

マブダチの堀内先生と
チャリティー講演会の翌日にせっかく札幌まで来たので、私が尊敬して止まない羊ヶ丘病院 副院長 加谷光規先生の診察を見学に行きました。

丁寧な問診と触診、画像所見から病態を的確に紐解いていく診察と診断の素早さ、治療に加谷先生のお人柄も相俟って緊張感の中にも心地良さがある診察場面を見学させて頂きました。理学療法士の評価過程は医師の診察と同じでなければならないと改めて感じることが出来ました。

加谷先生の魅力は病態の本質を捉えようとされている医師としての理路整然としたお考えとそれを学術的に解明されつつ、しっかりと臨床に反映されているところです。医の真髄とも言えるあり方にいつも心が揺さぶられます。

昨年コロラドでの解剖実習でご一緒した「マブダチ」堀内先生の理学療法も見学することもできました。加谷先生とリハビリテーション室の皆さんと患者さんのご厚意で私も3症例の理学療法をさせて頂き、私の解剖学と生理学に基づいた考え方を臨床の場面で説明させて頂きました。

有意義で居心地の良い時間を過ごすことができました。このような繋がりが持てていることに感謝しながら日々の臨床に向き合っていきたいと思います。