2021/02/19

運動器エコー入門セミナーのご案内(ZOOMによるオンラインセミナー)〜PTS主催

【セラピストのための 運動器エコー入門 〜基本操作から知っておくべき解剖学まで〜】


<本セミナーの対象>
①エコーを使ってみたい方
②エコーを使っているけど、正直よく分からない方
③エコーを使ってどう臨床に反映させれば良いのか悩んでいる方
<本セミナーのねらい>
基本的な操作方法から各関節周囲の描出の仕方、何をランドマークとし、メルクマールとすべきものは何か、エコー描出に最低限必要な解剖学など基礎からお伝えし、臨床への応用に繋げる入門編です。
<小野志操からのメッセージ>
「エコーを自ら購入して、10年以上使用しています。エコーは使って慣れるという部分が多い事は確かです。エコーが得意とすること、エコーでは難しいこと、この両方を理解することがエコーを使用する上で必要不可欠です。何より解剖学の理解がなければ、今何を見ているのかすら解りません。そしてエコーは評価や治療を行う上でのツールの一つであり、万能ではないということも理解する必要があります。これらを理解した上で使用することで、とても強力な武器となります。今回のセミナーではこれらにフォーカスを当てた上で、初学者から中級者を対象としたセミナーを行います。皆様のお役に立てればと思います。」
<講師>
小野 志操 (PT, SOPT, MS, SRO-AA)
京都下鴨病院 科長
為沢 一 弘 先生(PT, COPT, SRO-B)
烏丸御池整形外科クリニック 主任
團野 翼 先生(PT, SRO-B)
下鴨リハビリテーションクリニック 副主任
服部 隼人 先生(PT, COPT, SRO-B)
京都下鴨病院
佐々木 拓馬 先生(PT, MS, SRO-B)
烏丸御池整形外科クリニック
堀内 奈緒美 先生(PT, COPT, SRO-B)
京都下鴨病院
尼野 将誉 先生(PT)
京都下鴨病院
<開催日時>
2021年3月21日 (日)13時〜16時
開催形式:ZOOM利用
参加定員:250名

<参加費>
早期登録 2,500円(2/14〜3/7まで)
一般登録 3,500円(3/8〜3/18まで)
参加登録はこちら
セミナー詳細はこちら


2021/02/03

二村昭元先生による講演(ZOOM開催)〜PTS主催


 Professional Therapy Seminars主催(WOW Factor&Coのセミナー運営部門)運動器リハビリテーションセミナーで東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 運動器機能形態学講座 教授 二村昭元先生に「セラピストへ伝えたい運動器リハビリテーションに必要な臨床解剖学−肩関節編」と題してご講演をしていただくこととなりました。

ご講演頂く内容は、二村先生が行われている肩関節解剖の最新知見についてセラピストへ向けて存分にお話し頂くこととなっています。コロナ禍で対面形式の講演が難しくなっていますのでZOOMを使用してのセミナーとなりますが、オンラインの良さは移動時間が不要ということとコストを削減できる点にあります。

ご講演頂くのは2021年3月6日土曜日の18時からとなっています。参加される方の集中力を考え、セミナー時間を1時間とコンパクトにしています。参加費も3,000円と廉価に設定しています。運動器リハビリテーションに関わる臨床家必見のセミナーです。二村先生のご講演を聴講できる希少な機会です。奮ってご参加ください。

参加登録の期日は2021年3月5日(金)の開催前日までとなっています。参加登録は下記のURLよりPeatix受付となっています。

[参加登録]https://pts20210306.peatix.com

All for a smile of patient... by OH!NO!DX

WOW Factor&Co設立


 この度、 2021年2月1日に「Wow Factor&Co」という任意団体を設立しましたので、ご報告させて頂きます。この団体の設立に至った理由は幾つかあります。一つにはこのブログ内でも何度か書かせて頂きましたが、セラピストの一貫した質の高い卒後教育の担保です。

日本におけるセラピストの卒後教育は個々の自助努力に委ねられています。私は理学療法士、作業療法士をはじめとする運動器リハビリテーションに関わるセラピストの継続的教育はすべての人の健康に不可欠であると考えています。

そこで、まず第一段階として、運動器リハビリテーションに特化した、整形外科領域のトップランナーによる質が高く、臨床家に有益なセミナーを企画・開催することで、以下のような活動を行うこととしました。

  • 質の高い継続的教育の提供。
  • セラピストが自らの診療を検討し、改善するための支援をする。
  • 臨床における疑問を解決するための学習を支援する。

ここまでを見ると、「なんだ、ただのセミナー会社を作っただけやん」という声が聞こえてきそうですが、いわゆるセミナー会社とは一線を画す内容にしたいと思っています。

第一に「運動器リハビリテーションに特化している」という点です。私は20年間の理学療法士生活において、そのほとんどを運動器リハビリテーションの領域で関わってきました。ですから、正直なところ、中枢領域や内部障害領域などのエキスパートの見極め方法を知りません。なので、その見極めが出来る運動器領域に特化することとしました。

第二に「臨床家に有益である」という点です。ここに関しては誤解がない様にしたい最も重要な点です。「〇〇法」や「〇〇テクニック」と言われる様な、単に「技術」の習得だけを目的としている訳ではありません。「なぜその技術が必要なのか」、「どう評価するのか」、「それらを裏打ちするエビデンスは何か」についてセラピスト自身が自ら考え、実践し、得られた結果から再度検討し、改善すべきは改善できるように「考える力」を身につけることができるように誘う内容にしたいと思っています。

第三には「疑問を解決するための学習の支援」です。「考える力」とはまさにここを指しています。これは「学者」ではなく「臨床家」として本来必要な「学習の在り方」を身につけるための「学習の支援」です。本来臨床家が行う学習の成果とは、我々が対象とする患者さんやクライアントが良くなるということです。ただ単にセラピストの知識が増えるだけでは意味がありません。「治すもしくは良くするため」の学習を支援します。具体的には臨床での疑問を解決するために、「臨床力があるトップランナーはどのようにしているのか」という点に着目して講師を選定します。整形外科医はどのようにして治療成績を出しているのか、成績不良例から何をどう学び治療へ反映させているのか、臨床力があるセラピストについても同様です。ここを学べるようにすることが大切だと考えています。

これらの点について臨床教育に信念と情熱を持って、卓越性にコミットメントしたいと考えています。現状の制度下で如何に臨床教育を行うべきかについて本気で臨みたいと思います。

私の考えはここだけに止まりません。今後近い将来に人的に飽和する我々理学療法士や運動器リハビリテーション に携わるセラピストが如何に生き残って行くべきかという点についてもこの団体の活動を通して答えを出していきたいと考えています。この点においては治療成績が出せる実践者になることが第一義となります。ここなくして「生き残り」はあり得ません。だからこそ本質的な臨床教育が重要となります。

そしてその知識と技術で勝負ができるようなシステムを構築する必要があります。現状のままでは必ず淘汰される時代が来ます。というかその時代はすぐそこまで来ています。今まで通り病院やクリニックや施設で生き残るために、もしくはそれら以外の方法で保険診療下や自費診療で力を発揮する方法を開発し、実践する土壌を作り出したいと考えています。この領域に到達するためには任意団体という枠組みではいけませんので、いずれ会社という形態に移行していく必要があります。そして次世代を担う人たちへ継承していかねばなりません。

日本理学療法士協会が行っている卒後教育や一部の団体や学会が行っている活動そのものにも限界があると考えています。ちなみに米国においては理学療法士と作業療法士の卒後教育を体系的に行う全米規模のセミナー企業が存在します。この企業は米国におけるPT・OT協会から業務委託を受ける形で一括して卒後教育を担っています。私が目指す教育における最終形態はそれに近いものがあります。この点に関してはまだまだ夢の段階ですが、実現可能であると思っています。

私のイメージは明確なのですが、このブログ内ではひとまずここまでとしておきます。臨床の理学療法士として20年、昨年50歳を迎えました。これを天命として残りの人生を患者さんのために尽力していく活動を継続していきます。

ちなみにWOW FACTORとは「感動」を意味するスラングです。

All for a smile of patient... by OH!NO!DX

POPULAR POSTS

BLOG ARCHIVE