京都下鴨病院で整形外科の理学療法士をしている小野志操のブログです。
肩関節・肘関節・手関節・股関節・膝関節・足関節・腰背部の術後療法や保存療法、スポーツ障害に対するリハビリテーションを行なっています。
すべては患者さんの笑顔のために」 All for a smile of patient... by OH!NO!DX

第22回京都府理学療法士学会

第22回京都府理学療法士学会のプログラム

職場に京都府理学療法士会から「第22回京都府理学療法士学会」、いわゆる「京都学会」の演題プログラムが送られてきた。

今回の「京都学会」も例年通り会場が京都市呉竹文化センターで、来年1月29日の日曜日に開催される。

OH!NO!DXは日本人工関節学会で発表するので、今回の「京都学会」は演題登録しなかったが、OH!NO!DXの職場からは5演題がエントリーしている。

京都府の理学療法士数は約1000人です。

その中の全31演題中、5演題。

6演題に1演題はウチからの発表です。

これは凄いことです!

ウチの先生たちはみんな熱いんです!


演題プログラムから抜粋

忙しい臨床の中での「気付き」や「疑問」、「反省」や「治療結果」をしっかり形にしています。

こういう地道な活動が臨床家には必要です。

お越しになることが可能な先生方は、是非聴きにきてください。

OH!NO!DXは全演題共同演者なので、もちろん参加します。