京都下鴨病院で整形外科の理学療法士をしている小野志操のブログです。
肩関節・肘関節・手関節・股関節・膝関節・足関節・腰背部の術後療法や保存療法、スポーツ障害に対するリハビリテーションを行なっています。
すべては患者さんの笑顔のために」 All for a smile of patient... by OH!NO!DX

腱板修復術後のPlatelet-Rich Plasma(PRP)の効果

Does Pure Platelet-Rich Plasma
Affect Postoperative Clinical Outcomes
After Arthroscopic Rotator Cuff Repair?
A Randomized Controlled Trial

Matthias Flury, MD, Dominik Rickenbacher, MSc, Hans-Kaspar Schwyzer, MD,
Christian Jung, MD, Marco M. Schneider, MD, Katharina Stahnke, MD,
Jo¨rg Goldhahn, MD, and Laurent Audige´ , PhD

Investigation performed at the Schulthess Clinic, Zurich, Switzerland
原文

Figure 2. Mean pain level measured on a 0- to 10-point
numeric rating scale (NRS; 0 = best, 10 = worst pain) for
the control and platelet-rich plasma (PRP) groups within the
first 10 postoperative days. Presented values are the population
inference means derived from a mixed model including
treatment day interactions along with the 95% CI of the
mean (61.96 standard error of the mean).

Fluryらは、棘上筋断裂に対して関節鏡視下縫合術を行った症例120例をランダムにPRPを行った群(60例)とロピバカインを行った群(コントロール群)(60例)に分けてConstant ScoreやOSS、ASES、DASH、疼痛(NSR)などを用いて効果判定を行った。

術後3ヶ月時点でのOSSはPRP群32.9±8.6点、ロピバカイン群30.7±10.0点と統計学的に有意差はなく(P=.221)、術後6ヶ月、術後24ヶ月でも同様の結果であったと報告している。

疼痛に関しては、術後10日間でPRP群は4.5点→1.5点へ、ロピバカイン群は4.4点→2.0点へと減少したが両群間に有意差はなかった(P=.864)。

PRP療法については十分なエビデンスがあるものとないものが混在しているが、一定の効果があることには間違いがないようである。

Applications of Platelet-Rich Plasma in Musculoskeletal and Sports Medicine: An Evidence-Based Approach

PRP療法を受けた症例に対する運動療法ではその効果が十分に発揮できるような安静期間を取る必要があると思われる。どの程度の安静期間が必要なのか、適切な運動療法はどうあるべきなのか、そこの検討が必要であると考えている。

All for a smile of patient... by OH!NO!DX