京都下鴨病院で整形外科の理学療法士をしている小野志操のブログです。
肩関節・肘関節・手関節・股関節・膝関節・足関節・腰背部の術後療法や保存療法、スポーツ障害に対するリハビリテーションを行なっています。
すべては患者さんの笑顔のために」 All for a smile of patient... by OH!NO!DX

寛骨臼の左右非対称性について


A Novel Approach for Determining Three-Dimensional Acetabular Orientation: Results from Two Hundred Subjects

Journal of Bone & Joint Surgery - American Volume:  5 November 2014 - Volume 96 - Issue 21 - p 1776–1784
doi: 10.2106/JBJS.L.01141
Higgins, Sean W. MS; Spratley, E. Meade PhD; Boe, Richard A. BS; Hayes, Curtis W. MD; Jiranek, William A. MD; Wayne, Jennifer S. PhD [原文]
Higgins SWらは、整形外科疾患を有さない症例で、骨盤部CTスキャンを受けた患者200人の高分解能CT検査結果を用いて、寛骨臼の3次元オリエンテーションの標準値の決定に対する新しい数理計算式の有用性を検討している。
その結果、Interobserverおよびintraobserverともに高い一致が見られ、高精度であることが示された。男女間の前捻(平均3.5°)と傾斜(平均1.4°)で有意な差を認めた。
同一個体における前捻(平均0.5°:最大12.1°)と傾斜(平均0.3°:最大10.9°)に左右差を認めたと報告している。
Fig. 7. Frequency and magnitude of intrapatient bilateral differences for anatomic anteversion (left side minus right), showing relative symmetry.
Fig. 8. Frequency and magnitude of intrapatient bilateral differences for anatomic inclination (left side minus right), showing relative symmetry.
結果のグラフを見ると寛骨臼の前捻、傾斜共に概ね3°程度の左右差がある人が多いということのように思える。この微妙な差が臨床で重要な意味を持つこともある。
All for a smile of patient... by OH!NO!DX