京都下鴨病院で整形外科の理学療法士をしている小野志操のブログです。
肩関節・肘関節・手関節・股関節・膝関節・足関節・腰背部の術後療法や保存療法、スポーツ障害に対するリハビリテーションを行なっています。
すべては患者さんの笑顔のために」 All for a smile of patient... by OH!NO!DX

第73回定例会

第73回近江定例会

昨日(1月28日)に今年最初の近江理学療法勉強会(整形外科リハビリテーション学会京滋支部)の定例会があった。

OH!NO!DXは仕事が終わってから向かったので、途中からの参加だった。

今年も始まった。熱血系理学療法士の勉強会。

内容はGH joint周囲筋の触診と1症例検討。

触診と症例検討…、臨床にいる理学療法士がしなければいけない勉強だ。

触診はちゃんと所見を取るために必要な能力の一つ。

症例検討は病態考察する上において必要な評価や知識を整理するために大切だ。

定例会のあとは通称「夜会(やかい)」と呼ばれるお食事会もあり、理学療法について熱く語り合う時間を持った。

考え、学んだことを明日からの臨床に活かしていきたいと思う。

ところで、写真(右下)の手袋は教え子「チャック」(写真右上)からOH!NO!DXへのプレゼント。

以前このブログに手袋を購入したことを書いたのを読んでくれて、スマートフォンの画面を手袋をしたままでも使えるというスグレモノ。

ありがとうチャック。

大切に使わせて頂きますm(_ _)m