京都下鴨病院で整形外科の理学療法士をしている小野志操のブログです。
肩関節・肘関節・手関節・股関節・膝関節・足関節・腰背部の術後療法や保存療法、スポーツ障害に対するリハビリテーションを行なっています。
すべては患者さんの笑顔のために」 All for a smile of patient... by OH!NO!DX

Need to Create? Get a Constraint

WIRED JAPANESE EDITIONより

人間の創造性は「制限」があることで高まるという研究報告がされたという。

アムステル大学のMarguc Janina氏が
「The Journal of Personality and Social Psychology Vol101(5),Nov,2011,883-901」に発表したそうだ。

The Journal of Personality and Social Psychology


確かにそうかもしれない。

実際、OH!NO!DXの勤務している病院では、午前中の外来(午前9時から午後1時までの4時間)で多いときには20人近い患者さんを診ている。

単純に1時間当たり5人の患者さんを診なければならないということになる。

これを徒手だけで行うとなると、患者さん1人当たり12分しかないわけで、そこで次回診の予約なんかしていると、実際触るのは10分程度しかないことになる。

徒手だけで運動療法を行うには「時間的制限」があるわけだ。

しかも毎日のように新患さんのリハオーダーが出るので、今目の前で診ている患者さんを確実に良くしていかないと、どんどん担当患者さんが増えて、「自分で自分の首を絞める」ような状態になる。

「制限」がある中で「結果」を出さなければならないということだ。

しかもOH!NO!DXの職場のリハ室は100㎡程度の広さ(治療ベッド9台+2人用プラットホーム1台)の中に理学療法士9名とその担当患者さんが犇めき合っているという状態だから、多いときには狭い空間に30人くらいの人間がいるということになる。

「時間的制限」だけでなく「空間的制限」もある。

そういう環境の中で「結果」を出すためには、否が応にも「工夫」するようになる。

どういう「工夫」が必要か…。

的確な評価に基づく病態把握と、効果的な自主トレ指導ということになる。

つまり徒手操作と遜色のない自主トレが必要だ。

どうしても、っていうところだけ徒手で行い、あとは患者さんに自主トレをしていただく。

「いい自主トレ」は「いいホームエクササイズ」にもなる。

確かに「制限」は「創造性」を豊かにする。

機能解剖に則した「自主トレ」の考案がOH!NO!DXの日々の課題となっている。

大変だが、結果が伴うと単純に嬉しい。

「日々是決戦」

どこかの予備校のようだが、毎日こんな感じで治療に勤しんでいる。

All for a smile of patient... by OH!NO!DX