京都下鴨病院で整形外科の理学療法士をしている小野志操のブログです。
肩関節・肘関節・手関節・股関節・膝関節・足関節・腰背部の術後療法や保存療法、スポーツ障害に対するリハビリテーションを行なっています。
すべては患者さんの笑顔のために」 All for a smile of patient... by OH!NO!DX

三重支部勉強会報告

膝OAの講義をするCOFFEE先生

3月10日木曜日の午後7:00から四日市社会保険病院リハビリテーション室において整形外科リハビリテーション学会三重支部勉強会が行われました。

この日は、いがにんじゃ先生のご指示により、COFFEE先生が『膝内反型OAに対する理学療法』についてと、OH!NO!DXが『TKA術後の理学療法について』お話をさせていただきました。

OH!NO!DXは初三重支部でした。近江とは違い、かなりキッチリ感がある勉強会でした。
(見習わなければなりませんね。)

今までに尾張支部、三河支部、大阪支部、北陸支部に参加させていただいたことがありますが、どの支部にもそれぞれ特徴があります。近江も良い所をどんどん取り入れさせていただこうと思います。

続いてTKAの後療法についてOH!NO!DXがお話させていただきました。
で、今回の三重支部の参加者数はなんと70人超だったそうです。以前TOPKART(支部長)先生がお話された時は110人を超えたそうですから、いつもよりは少なかったのかもしれません。それでも凄い人数でした。COFFEE先生の膝OAの話は、前回近江でやった内容よりも更にパワーアップしていましたね。日々臨床で積み重ねているんだなぁ~って感じました。OH!NO!DXは反省しきりです。

このような機会を与えていただいた、三重支部の熊谷先生、猪田先生、本当にありがとうございました。

追記:

勉強会の後にお食事会もしていただきました。

食事のあとはもちろん!スウィーツです。

OH!NO!DXとCOFFEE先生、ishi先生はコーヒーゼリーを注文しました。

すると、店員さんの口から信じられない言葉が…、

店員さん:『今、上に載せるバニラアイスを切らしておりまして、代わりにストロベリーアイスをお載せしますが、よろしいでしょうか?』

えっ! まぁまぁバニラアイスが品切れなことは仕方ないとして、コーヒーゼリーに苺味が合うとこの店員さんは本気で思っているのだろうか…と絶句しつつ店員さんの顔をまじまじと見てみたんですが…。

笑っていない…、真顔だ…、マジ言っているよこの店員さん…、と心の中でつぶやきつつ、それでも聞き間違いかもしれないし、もう一度聞いてみることにしました。

OH!NO!DX:『あの~ストロベリーアイスを代わりにのせるんですか?』

店員さん:『はい、そうです』

愛想笑いすらない…。バニラアイスがないから、当然だろっとでも言わんばかりの雰囲気すら漂っている。挑戦的だ。

COFFEE先生とishi先生も苦笑いである。

でもここで引いたら“負け”だ。この挑戦を受けて立とうではないか!とこの時OH!NO!DXのチャレンジャー精神に火が付いた。もちろんCOFFEE先生とishi先生も参戦である。

四日市のサイゼリアで流行っているらしい?ストロベリーアイス・コーヒーゼリー
で、本当に写真のストロベリーアイスの周りにフレッシュのかかったコーヒーゼリーがテーブルの上に3つ登場しました。

味については…。かなりの味音痴なOH!NO!DXですら、ストロベリーアイスとコーヒーゼリーを結局別々に食べたので、そういうことなんです。

こうして四日市の夜は更けていきました。

さて、ここで問題です。この怪しい人物は一体誰でしょう?
ちなみにOH!NO!DXは今日明日とこの人物と一緒にいます。

さ~て誰でしょう?

ヒントはこのバイクの持ち主です。
当たった方には、ストロベリーアイスの乗ったコーヒーゼリーをプレゼントします。

嘘ですから(笑)