京都下鴨病院で整形外科の理学療法士をしている小野志操のブログです。
肩関節・肘関節・手関節・股関節・膝関節・足関節・腰背部の術後療法や保存療法、スポーツ障害に対するリハビリテーションを行なっています。
すべては患者さんの笑顔のために」 All for a smile of patient... by OH!NO!DX

久々に学会本部定例会に参加しました

会場は名駅近くのモリシタビル7階会議室でした。

症例検討3題が行われました。

久々に整形外科リハビリテーション学会本部の定例会に参加してきました。
勤務シフトの都合で、最近なかなか参加できていませんでしたが、今回は定例会前に評議委員会があり、休みをとって参加しました。

症例検討が3題行われましたが、やっぱり勉強になります。活発に意見が飛び交い、内容の濃い症例検討はさすがに本部の症例検討会だなぁ~って感じでした。

参加してみて感じたこと。それは近江の定例会で症例検討をしていることが力になっているということです。

いつも思うことですが、症例検討が一番勉強になります。

それは、普段自分が臨床で考えている抽斗をフル活用しなければいけないからです。自分ならどの所見を取るか、どう考察するか、どう治療するか…。

普段していることがそのまま意見として出てきます。

もちろん症例検討を通して、ほかの先生方の意見を聞くこともタメになります。自分では思いつかなかった視点や考え方を聞くことで、さらに勉強になります。その中で、自分に不足していることや、多角的な考え方に気付き、学ぶことができます。

そこで学んだことが、実際自分の診ている症例にも活きてきます。

今回の症例検討でも、自分が担当している患者さんに繋がることがたくさんありました。

来週からの臨床が今から楽しみです。