京都下鴨病院で整形外科の理学療法士をしている小野志操のブログです。
肩関節・肘関節・手関節・股関節・膝関節・足関節・腰背部の術後療法や保存療法、スポーツ障害に対するリハビリテーションを行なっています。
すべては患者さんの笑顔のために」 All for a smile of patient... by OH!NO!DX

第19回整形外科リハビリテーション学会学術集会 1日目


昨日・今日は第19回整形外科リハビリテーション学会学術集会に参加している。今年の会場は名古屋の今池にある今池ガスビルホールだ。会場は満員で熱気ムンムンである。

例年同様、今年の学術もかなりレベルが高い。勿論、オール臨床なのだが、どうレベルが高いかというと、その病態考察のすごさである。

第1日目の発表を聴いていて、正直度肝を抜かれた。どの発表も一つ一つの症状を丁寧に考察し、解釈し、治療を行っている。

そして緊張の中にも、和みがあり、サジェッションがあり、まさに日本で一番ホットな学会だ。

近江理学療法勉強会からは初日にReal Rider先生が発表されたし、ケージー!先生が座長で登場された。お二人ともお疲れ様でした。Real Rider先生の発表良かったです。鎖骨骨折に対するG-H jtの拘縮予防について、鎖骨の転位を考慮した治療方法の紹介は興味深いものでしたし、ケージー!先生の座長もテキパキとしていて、場が締まりました。

そして学術集会1日目終了後には会場近くで懇親会が開催されました。


写真中央は東京○科□科大学のY先生です。Y先生には懇親会後の2次会でお話させて頂く機会を頂きましたが、偶然にもOH!NO!DXと同い年ということが分かり、なのに理学療法士としての努力量は半端ありません。また近江で講演していただくお約束を頂きましたので、是非皆さん期待していてください。


大御所の先生方も…


脂ののっている先生方も…


若手の先生方も…

皆さん楽しく理学療法談義に華が咲きました。学術集会そのものも勉強になりますが、こういう場所でざっくばらんにお話することがかなりためになりますし、新たな刺激も貰えます。

明日(というか、もう今日ですが…)の第2日目には、近江理学療法勉強会から魔王仕入れ係先生、ishi先生、syuyan先生、COFFEE先生が発表されます。そしてOH!NO!DXもです…。

COFFEE先生とOH!NO!DXは主題での発表となります。今からもう一度原稿を読んで、最後の準備をしたいと思います。

明日も熱い一日になりそうだ。